長期的な視野で、人材を育てていきたい。

会社の現状と、いま注力していること

昭和23年に創業した当社。2016年に創業68周年を迎え、おかげさまで滋賀・京都エリアで約600社のお客さまからご利用いただいています。今はもう一度原点に返って、社内のボトムアップを図っているところです。営業や事務、配送も含めて2ヶ月に1回、木材の特性などの商品知識を高める社内テストを実施。また、あいさつなどの人間関係におけるマナーなども意識を持ってやっていくことを徹底しています。何事もそうですが、意識をすることで気付きも増えてきますし、気付きが増えればできることが広がってくるはずです。もちろん、すぐに結果が出るというわけではありません。

しかし、3年、5年と継続していく中で社内スタッフの底上げができ、きっと大きく花開くと信じています。

求めている人材について

相手の言うことを素直に捕らえられること。自分なりに考えて行動に移せること。そんな方を仲間に迎えて、育てていきたいですね。将来的にはさらなる事業の拡大を目指していきたいと考えています。

しかし、人材が育っていない段階で事業だけ推し進めていっても、モヤシみたいな弱い経営になってしまうでしょう。そのためにもじっくりと体制を強化していきます。ですので、新しく入社される方は今のこの時期をチャンスだと捉え、自分の限界を決めずにチャレンジしてください。

一緒に大きな花を咲かすことができるように頑張っていきましょう!